コレステロールを下げるなどして不調を治療│FOODで健体育成

サプリメント

自宅で和らげる

子宮筋腫の手術や治療法

子宮筋腫は良性の腫瘍で、それがすぐさま命に関わるということは少ないです。ただし人によっては筋腫が大きくなって10センチを超えるものもあります。病院で子宮筋腫が告げられても温存療法で、年2回程度の経過観察をする治療法が一般的です。筋腫の大きさや状態によっては、筋腫を取り除いたり、子宮そのものを摘出するという方法が取られます。過去には開腹手術の方法しかありませんでしたが、今は大きさによっては、腹腔鏡による手術も行われるようになりました。 開腹手術は、体にも負担がかかりますし、時間もかかります。腹腔鏡での手術が出来る大きさ、位置ならば、体の負担もだいぶ減ります。 そのほかには、子宮を閉経状態にする薬による治療などもあります。

この病気と付き合っていくために

子宮筋腫は、開腹、腹腔鏡手術によって取り除くことができても、小さな筋腫は取り除ききれないこともあります。何度か手術を繰り返す人もいます。 そのため、子宮筋腫とは上手に付き合っていく必要があります。子宮筋腫には冷えが良くないので、体を温めることが大切です。半身浴や足浴なども効果があります。また体の内側から温める食事療法もあります。体の血流をよくする食べ物を選んで体を温めることが大切です。 また健康食品を取り入れることも有効な方法です。美容の面でもよくその名前を聞くこともあるプラセンタは、ビタミン、ミネラル、良質なタンパク質、炭水化物などの他に必須アミノ酸が豊富に含まれていることも知られています。動物の胎盤から作られたプラセンタは女性の体に良い影響を与えてくれます。